相続税の基礎控除、贈与税の改正はいつからになるの?

平成23年度税制改正で予定されていた相続税の基礎控除の引下げや税率の見直しなどの改正はいつ頃になるのかという質問を多く頂きます。結論から言えば、現在の予定では、改正は平成27年1月1日以後の相続開始から適用されることになっている。

この相続税・贈与税の改正の主な点は以下の項目

1 相続税の基礎控除の引下げ

基礎控除

 改正前  改正後
 定額部分  5,000 3,000
 比例部分  相続人数×1,000  相続人数×500
2 死亡保険金の非課税限度の適用対象者の見直し

法定相続人に制限が加わり、未成年者、障害者又は相続開始直前に被相続人と生計を一にしていた者に限ることになる

3 未成年者控除・障害者控除の引き上げ
改正前 改正後
 未成年者控除  20歳までの1年につき6万円  20歳までの1年につき10万円
 一般障害者 85歳までの1年につき6万円  85歳までの1年につき10万円
 特別障害者  85歳までの1年につき12万円  85歳までの1年につき20万円
4 相続税・贈与税の税率構造の見直し

相続税の税率構造
改正前 改正後
各取得分の金額 税率 控除額 各取得分の金額 税率 控除額
1,000万円以下 10 1,000万円以下 10
3,000万円以下 15 50 3,000万円以下 15 50
5,000万円以下 20 200 5,000万円以下 20 200
1億円以下 30 700 1億円以下 30 700
3億円以下 40 1700 2億円以下 40 1700
3億円超 50 4700 3億円以下 45 2700
6億円以下 50 4200
6億円超 55 7200


贈与税の税率構造
 改正前 改正後
 基礎控除後の課税価格 税率 基礎控除後の課税価格  税率
 200万円以下  10   200万円以下 10
 300万円以下  15  400万円以下  15
 400万円以下  20  600万円以下  20
 600万円以下  30 1,000万円以下  30
 1,000万円以下  40  1,500万円以下  40
 1,000万円超  50  3,000万円以下  45
 4,500万円以下  50
 4,500万円超  55
5 直系尊属に係る贈与税率の緩和
 改正前 改正後
 基礎控除及び配偶者控除後の課税価格  税率   基礎控除及び配偶者控除後の課税価格  税率
 200万円以下  10  〃  〃
 300万円以下  15  〃  〃
 400万円以下  20  〃  〃
 600万円以下  30  〃  〃
1,000万円以下  40  〃
 1,000万円以下  50  1,500万円以下 45
 3,000万円以下 50
 3,000万円超 55
6 相続時精算課税制度の対象者の見直し

受贈者の範囲に、20歳以上である孫(現行推定相続人のみ)が追加。

一部の項目には緩和されている項目もあるが、基本的に相続税・贈与税の負担が増える内容になっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です